住所が安定していないと借り入れを行う事は出来ない

キャッシングの審査の際に、住所を聞かれることがあります。連絡先は基本的に、どんな契約でも書くのが鉄則ですし、郵送物など、連絡することがあるときに利用しますので、書いておくべきことなのですが、キャッシング審査の場合、住所も重要事項として審査されます。特に、持家があるということは有利に働きます。

 

信用できる人であるということを評価してもらえる可能性も高いのです。また、賃貸住宅の契約だったとしても、住んでいる年数が長ければ長いほど、信頼できると評価される場合もあるようです。また、キャッシング審査の際に、職業を聞かれることも多いです。

 

これはもちろん、今現在、しっかりとした安定した仕事に就いているどうか、収入はどれくらいあるのかと言ったところを見られています。高収入でなくてはならないというわけではありませんが、勤続年数が長ければ長いほど、信頼度も高いと思っていただけるのです。

 

最近では、アルバイトやパートで働いていたとしても審査に通してくれる金融会社が増えてきていますが、日雇い労働や自営業をしていて、毎月きちんとした給料が入っているのかよくわからず、安定していない職業だと見られてしまうと、審査に通りにくいこともあります。

最近では重視されなくなった固定電話

一昔前までは自宅の固定電話番号がない方は審査に弱くなったものですが、最近では携帯電話のみで固定電話を持たない家庭が増えているため、審査の際に固定電話がない事で大きなマイナスに働くということは少なくなりました。
実際に一人暮らしの方は固定電話を持たないことが多いので、携帯のみで審査に落としてしまうと業者側も貸し付けを行う人がいなくなってしまうのです。
住所や仕事がアルバイトでもしっかりとしていれば、問題なく審査を受けることが出来るので安心してください。

 

ただしアルバイトの方では銀行の低金利カードローンで借りるのは難しいので、申し込みを進める際にはプロミス東大阪市のキャッシングを見ながら、消費者金融での借り入れを考えてみるべきです。